私が釜山の病院に着くと、そこにいた妃宮ちゃまはあちらこちらに傷を負い、点滴やたくさんの電極に繋がれていた。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。